不動産売却査定

50代で二世帯住宅に住み替えをした、すいようです。
結婚する時に購入した新築マンション。
子供が小学校に上がってから購入した新築一戸建て。
そして、子供が成人してから、住み替えた二世帯住宅。
10年~15年のサイクルで住み替えをしています。
60歳になる前くらいに、もう一度住み替える計画で
不動産を選んでいます

住み替えを行う時、
最初にするのが現住居の売却査定です。
同時に賃貸の査定も行っています。

マンションからの住み替えは賃貸に。
一戸建てからの住み替えは売却を選択。


自分の家やマンションはどれくらい価格で売れるの。
ローンの残債金額よりも、高い? 低い?

簡単入力 60秒で 売れる金額を
知ることが出来ます。

ランキング1~3社。
まとめて依頼することをお勧めします。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら







1位 イエウール
2位 イエイ
3位 RE-Guide不動産
4位 スマイスター
5位 オウチーノ

1位~2位は、車や引越、自動車保険等と同じ様な
一括見積もりサイトです。
物件情報等を入力することで、お手軽に一括査定金額を出してもらえます。


3位のRE-Guide不動産一括査定サイトは本格的なサイトです。
お役たちコンテンツに

土地総合情報システム(国土交通省)
不動産鑑定評価基準等(国土交通省)
路線価図(国税庁)
のリンクがあります。

5位のオウチーノさんのサイトは、最初の入力ページはシンプルですが
郵便番号か物件住所を入力すると
地域ページが開き、その地域の相場や売却物件の事例が出てきます。
また、依頼する不動産会社が入力画面上で確認出来て、
査定依頼先を絞ることが出来ます。

本気で考えている方、すぐに売却したい方にお勧めなのは、

⇒O-uccino オウチーノ

⇒SBI不動産一括査定

です。


上記のランキングサイトは、原則仲介業務を行う時の査定金額を提示します。



不動産買取査定
+オークション
⇒さてオク


こちら、さてオクは、
仲介業者では無く、買取業者の査定金額を知ることが出来ます

こちらも最大6社の買取業者から、査定価格を聞くことが出来ます。

仲介前提の査定金額より、安く提示されてしまいますが、この金額は、
業者さんが買い取ってくれる
金額です。


新規の購入物件が既に決っている場合や、期日までに確実に売却したい場合は、
2つの査定、
(売却査定金額・買取査定金額)
両方を依頼することをお勧めします。

さてオクには、プラスアルファーの機能として、オークションもあります。
更に多くの買取業者が、入札を希望してきます。
公平な、オークションによ、
買取価格が上がる可能性があります。

残念なのは、現在地域限定なこと。
東京23区と横浜市、川崎市の一部。
千葉県の限定地域になります。