スムストック査定方式

スムストック査定方式

従来の査定方式の場合、耐久性の優れた構造躯体の建物でも、木造の一般的な住宅でも、
一律20年前後の償却期間で評価されています。

他の査定会社の査定書では、軽量鉄骨造の建物の場合、
20~23年の償却期間で、計算されていました。



スムストック査定方式では、
スケルトンとインフィルとを分けて考えて
それぞれ、適正な評価をしています。

構造躯体(スケルトン) 償却期間 50年
内装設備(インフィル) 償却期間 15年

この基本評価プラス、
メンテナンスの状況や履歴の有無等で、
今までの査定方式では、評価されていないポイントが多数あります。

スムストック査定計算式
(構造躯体価格×観察補正率(スケルトン)+内装設備価格×観察補正率(インフィル)+リフォーム・性能工事加算)
×機能調整率
×可変補正率
×外構補正率
×建物市場性比率
×建築年数調整率
-メンテナンス調整額

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。