不動産価格 2014年10月

2014.10.1時点
野村不動産アーバンネット実勢調査によると

四半期ベースの
住宅地価格・中古マンション価格ともに、
エリア平均の変動率は6四半期連続でプラス

とのことです。

7-9月期の「住宅地価格」変動率は、首都圏エリア平均では0.4%(前回0.3%)
7-9月期の「中古マンション価格」変動率は、首都圏エリア平均で0.3%(前回0.3%)

じりじりと、価格が上がり続けているというデータが出ています。

全ての物件のデータではないので、
あくまでも、イメージとして、捉えて下さい。

⇒ イエウール 不動産一括査定サイト
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|