机上査定と訪問査定の違い

机上査定と訪問査定の違い

机上査定と訪問査定の違いより、
不動産会社の担当者の姿勢の方が大きく違います。

きっちりと査定書を作ってくる会社は、
㈱東京カンテイ
地価データがついてきます。

机上査定だけで終わった会社でしたが
地場不動産会社の東海住宅さんは
きっちりとした査定書を送付していただきました。

訪問査定・もしくは面談した不動産会社で
きっちりとした査定書を持ってきた会社はありませんでした。

スムストックの査定書を提出した不動産会社は、
東京カンテイの評価
公図・謄本
登記平面図まで添付です。

後の会社は、
周辺の取引事例・成約事例をレインズの情報から開示し、
査定金額を提示していきました。

どちらの査定方法が良いかといえば、
一歩詳しく査定する、訪問査定が良いといえますが、
多くの会社の話しを聞いた方が良いので、
平行するのが良いと思います。

机上で出していただける会社は、
出していただき、
訪問査定ではないと、詳しい金額は出せないという会社があります。

ネットとメールのやり取りだけでは、
どちらの査定方法も終わらないので、
担当者と電話で話すことになります。

その時の印象で、実際に
会う、会わないを決めても良いと思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。