中古住宅の取得控除

中古住宅の取得控除

確定申告の時期ですが、
中古住宅を取得したとき、
住宅取得控除の要件を確認してみました。

中古住宅を取得した場合で、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができるのは
家屋が建築された日からその取得の日までの期間が20年

(マンションなどの耐火建築物の建物の場合には25年)以下であること。

建物の構造により、期間のしばりが違っています。

消費税が掛からない、個人間の売買の場合、
控除限度額は20万円になります。


マンションの場合は、25年以内の建物、
個人間の売買の場合(消費税が掛からない)は、
控除限度額は20万円まで。

住宅ローンの借り入れ額が2000万円を少し超えるくらいで、
買える物件であれば、
上手に使えそうです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。