売却金額以外に掛かる費用

売却金額以外に掛かる費用

買主さんが負担する、仲介手数料やローン保証料は、
不動産会社の担当者に任すとして、
購入者が、入居するまでに掛かる費用を
明示してあげることが重要になります。

その前に、準備にするのは、
メンテナンスの履歴と
今現在使っている設備の状況や
壊れているもののをチェクです。

設備機器に関しては、10年から15年程度で
交換または、修理が必要な物が多いです。

スムストックの設備の償却も15年です。

私がチェックした項目は

浴室設備
建具のメンテ、シャワーホースの交換
コーキングのメンテ。
風呂釜(給湯器)の交換 一年前

交換時期にあるもの、水栓金具・換気扇

洗面化粧台 
スイッチプレートの貼替え 済み

キッチン
食洗機の故障 修理不可
代替え機の見積もりを取得


電動シャツター
一箇所メンテナンスが必要

四カ所のオーバーホールが必要

1階リビング
マルチエアコン 冷えにくくなっている。
修理or新品に入れ替え 見積もり必要
ソフアー部分に傷ず


2階寝室 

照明器具一部破損
交換の見積もり取得

ブラインド 一部欠落
スラインデイングウオールの天井 一部欠け
フロア ベツト脚の部分に傷

インターホン
接触不良
代替え機を設置 見積もり必要

ウッドデッキ
腐食が進んでいる 
廃棄処分の見積もり必要

庭の整理
北面・南面とも手入れが必要

全般的にフロアの汚れ、クロスの汚れが目立ち始めています。
クッションフロア部分もくたびれてきています。

外壁・屋根のメンテナンス無し
防蟻工事 未実施
バルコニーの防水点検 実施済


購入者に無償譲渡出来るもの
子供室照明器具
子供室エアコン
子供室カーテン
寝室ブラインド
寝室カーテン
リビング・ダイニングカーテン

当初はリビングセットも無償譲渡の予定でした。










寝室のブラインドとカーテン










子供室のカーテンと照明器具












無償譲渡分は、値引き金額の抑制のために残すことにしました。
修理項目に関しては、買主さんとの交渉事項としました。

実際売却を進めている最中に、
エアコンが効かなくなり、15万円の費用を掛けて室外機の基板等を交換。
フロアの傷の補修や、全体的な見栄えを良くするため、
フロアコーティングを15万円の費用を掛けて実施しました。

修理・交換費用の見積もりは、
不動産会社に売却依頼を出した時に入手しました。
防蟻工事費用、外壁・屋根塗装工事費用の見積もりも入手。

途中で要望の出た
キッチンの交換費用
洗面化粧台の交換費用
トイレ便器の交換費用
クロスの張り替え費用


この辺りも、随時打ち合わせをしながら
見積もりを取得しました。

購入者が、暮らす上で、最低限必要な
フロアコーティングとエアコンの修理だけは
実施して、折衝を進めましたが、
早く売却を進めたいのであれば、
もう少し工事を進めるのも一つの選択肢でした。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。