定期借地権付き住宅の売却時のデメリット

定期借地権付き住宅の売却時のデメリット

検索される時は、優位な定期借地権付き住宅ですが、

物件が気に入った後、
資金計画の段階で色々なデメリットが出ます。

所有権で考える場合、
土地の広さが所有権の金額に反映されてしまいます。

定期借地権付き住宅の目的は、広い敷地に広い住宅を建てることだったので、
土地も建物も広い場合が多いです。
50年住めることを前提に、ハイスペックな建物のことが多いです。

費用負担が少なさの魅力の定期借地権付き住宅は
所有権になおすと、負担感が増します。

もう一つのデメリットは
金融機関が定期借地権付き住宅に融資したがらないことです。

特に、中古物件では、
担保評価が厳しくなることから、敬遠されることが多いです。

フラット35を提案することが多いようです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。