定期借地権付き住宅の売却時のメリット

定期借地権付き住宅の売却時のメリット

インターネット広告の時代、

一番のメリットは、総額表示が
他の物件に比べて安くなることです。

私の売却物件の場合
所有権なら、4069万円
定借なら1980万円。

この違いは、ポータルサイトで検索される時に大きな違いになります。

土地の買取金額が公団の取り決めがあり、変更出来ません。
なので、全て建物金額からの調整になります。

検索のことを考えると、3980万円。
89万円下げた金額で、売り出し価格を設定したと思います。

この価格のラインでは、
少し駅から離れた場所で、地場木造の新築建売住宅が買えます。

隣り町では、もう200万円プラスすると、同じメーカーの建売が買えます。

内覧が多くて
中々、決まりにくかったのは、
金利が安いので、所有権で検討したい方が多かったのも理由です。

2つの選択肢があることも、メリットです。
定期借地権は、土地面積が広い物件が多いので、
所有権で買うと、総額が膨らみ、中古住宅のメリットが小さくなります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。