家の価格査定マニュアル

家の価格査定マニュアル

<売買・担保における価格評価手法の現状>

戸建て
建物 (新築・中古) 原価法
土地  取引事例比較法
マンション(新築・中古) 取引事例比較法

戸建て住宅の場合は、売買時や、担保評価時において、
構造毎の建築単価や耐用年数
(木造の場合の耐用年数22年等)
を設定して原価法を用いる場合が多い。

一部の企業では、履歴情報が整っている、
メンテナンスが十分に行われている等の住宅につき、
一定の増価を評価するほか、
スケルトンとインフィルの部分別に異なる耐用年数を設定し、
経年の減価を評価
(例:優良ストック住宅推進協議会「スムストック査定方式」)

⇒不動産一括査定 イエウール




家の価格査定マニュアル
家の価格査定マニュアル 公益財団法人不動産流通近代化センター 価格査定マニュアル PDFやパワーポイントで、ダウンロード出来ます。