マルチエアコンの使用期間

マルチエアコンの使用期間

築15年くらいの中古住宅の場合、
マルチタイプのエアコンが付いている場合が多いです。

新築当時に、マルチエアコンを付けることによって、
住宅金融公庫の割増融資を受けることが可能だったからです。

単独タイプに比べ、
室外機の数が1台少なくて済みます。

交換する時は一度に
室外機、室内機2台交換することになり、
費用が大きな金額になります。

エアコンの室外機は屋外にあるため、
置かれている条件により、程度の違いが大きくなります。

10年を過ぎるあたりから、部品が無くなるど、
修理が少しずつ難しくなり、交換対応することが多くなります。

天井カセットタイプと壁掛けタイプ、室外機。
これらを全て交換すると、50万円~60万円。
部屋の広さにもよりまずか、
ダイニング・リビング共用タイプだと、20畳タイプが必要になります。

物件を売却する時は、
エアコンが着いている状態で売却しますが、
メンテナンス費用や、交換費用をあらかじめ説明する必要があります。

個別エアコンは1台10万円~20万円程度ですが、
マルチエアコンは高額なので、
購入者の方に、交換・メンテナンスの予算取りを考えて頂いたほうが良いです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。