30代住み替え

30代住み替え

30代の場合、住み替えというより、
新規に購入される方の方が多いと思います。

賃貸住宅⇒新築マンション購入
賃貸住宅⇒中古マンション購入
賃貸住宅⇒新築一戸建て購入
賃貸住宅⇒中古戸建て購入

このタイプの方が多いと思います。

住んでいる地域によって、マンション・一戸建ては分かれると思います。

都内通勤の方の場合、マンションを選ばれる方が多いのでは。
子供が小さいうちは、マンションの広さで十分ですから。

私の場合、
20代で購入したマンションから
子供達が小学生に上がる時期に一戸建てを新築しました。

マンションの残債がかなり残っている状態なので、
簡単には、進みませんでした。
マンションから戸建てへの住み替え
マンションから戸建てへの住み替え 新築マンションに住んでから、約10年で一戸建てに 住み替えました。 3LDKのマンションが手狭になったことと、 勤務地が変更になったことで、 今のマンションが通勤に便利では無くなっていました。 築10年
ライフプランと住宅取得
ライフプランと住宅取得 30代で、住宅を取得される場合、自己資金があまりないケース。 親からの贈与等が無ければ、勤続期間が短い分、 自己資金が相対的に少なくなります。 逆に年齢が若い分、住宅ローンの借入期間を 長く設定することが出来ます。
手元資金のゆとりと借入金
手元資金のゆとりと借入金 金利が5%の頃は、 自己資金を多く入れ、借入金を少なくする。 繰り上げ返済をすることで、期間短縮をする等、 有効な方法でした。 今のように、変動金利が1%を切る状況では、 住宅取得控除で戻ってくる金利を考えれば
30代住み替え 資金計画
30代住み替え 資金計画 ポイント 住宅取得時は、 自己資金があっても、 出来るだけ多く、借入すること 私の20代の頃は、住宅双六と言われ、 基本的にインフレの時代で、不動産を買い替えて行く ことで、資産を増やして行くことが可能でした