マンションから戸建てへの住み替え

マンションから戸建てへの住み替え

新築マンションに住んでから、約10年で一戸建てに
住み替えました。

3LDKのマンションが手狭になったことと、
勤務地が変更になったことで、
今のマンションが通勤に便利では無くなっていました。

築10年の段階でマンション売却すると、
大幅に赤字になるので、
マンションは貸家にすることを考えて、
新たなローンを組む形で、一戸建てをたてることにしました。

土地を所有権で取得し、借入金額を多くすることは
難しかったので、定期借地権で買える地域に絞りました。

マンションの借入金を含めて、
所有権の物件を買う場合と同じレベルの返済比率にしました。

その場合、定期借地権の地代が余分に掛かりますが、
マンションの家賃収入でカバー出来る計算でした。

一戸建てを建ててから、15年。
今回、二世帯住宅に住み替える時には、
マンションのローンが完済。
家賃収入と管理費等の差額は、
二世帯住宅の返済に充てることが出来ました。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。