ライフプランと住宅取得

ライフプランと住宅取得

30代で、住宅を取得される場合、自己資金があまりないケース。
親からの贈与等が無ければ、勤続期間が短い分、
自己資金が相対的に少なくなります。

逆に年齢が若い分、住宅ローンの借入期間を
長く設定することが出来ます。

住宅ローンを長く組みやすい、新築物件の取得者に
若い世代が多いのも、納得が行く話しです。

購入した住宅に何年住むつもりなのか?

住み替える可能性があるのか?

転勤、親との同居等、
色々なケースを考えて、
住み替えが起こる可能性が高いことを考慮する必要があります。


住み替えする時、
借入金より、売却金額が多いことが前提になりますが、
手元資金があれば、
売却金額が残債より少なくても、大丈夫です。

金融機関によっては、住み替え物件のローンに
上乗せすることも可能です。

売却する可能性があると考えれば、
差損金額の少ない物件。
資産価値の下がらない物件。
そして、売却しやすい物件であることが大事です。

売却のしやすい物件は、
誰もが住みたいと感じる物件です。

値段さえ会えば、住みたい場所、住みたい家であれば、
売却時の引き合いの数が圧倒的に違います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。