30代住み替え 資金計画

30代住み替え 資金計画

ポイント
住宅取得時は、
自己資金があっても、
出来るだけ多く、借入すること


私の20代の頃は、住宅双六と言われ、
基本的にインフレの時代で、不動産を買い替えて行く
ことで、資産を増やして行くことが可能でした。

土地の値段が買った時より高くなっていたので、
売却する時には、売却益が出ていました。

現在は、基本的にデフレです。
都内の一部地域では、土地価格が上昇しており、
売却益が出る状況ですが、
その他の地域は、現状維持。
郊外の物件では、だらだらと値段が下がっています。

土地値段が下がりにくい場所で、物件を買うのが
大前提になります。

それでも、勤務先や実家の場所等、
住みたい場所には、制約があります。
資金計画もありますから、
返済出来る物件を買うことになります。

購入する物件の条件は、別の機会にしますが、
デフレで、金利が安い現在は、
出来るだけ多く、金融機関から借入をすることです。

特に30代の若い世代の場合、
これから住宅資金だけでなく、
色々な場面で資金需要があります。

突発的に発生する支出に対応する意味でも、
手元資金を厚くして、
借入金を返済するスケジュールを建てるのが良いです。

30代であれば、先が長く感じますが35年ローン
が組めるのであれば、新築物件では組むべきです。

中古物件であれば、ローン控除を受ける金額が
20万円×10年の場合が多いので、
20~25年返済で良いと思います。

10年後の借入残高が2000万円になるように
返済期間を調整するとベストです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。